2010年03月09日

太地町!頑張れ!



我が和歌山県太地町でのイルカ漁を、問題視した映画、
『ザ・コーヴ』が、第82回アカデミー賞で
長編ドキュメンタリー賞を受賞しましたね!

平阪的には、偏った価値観で作られた作品ではないか?
と思っています。
また捕鯨に反対する人たちも含め、平阪には、
沢山の疑問があります。

世界中の人が動物を食べない殺さない、と言うなら、まだ解らなくもないのですが、
鯨やイルカ漁に反対する人々は、牛や豚などの哺乳類も食べないのかな?

価値観の異なるヒンズー教の人々から見れば、
牛肉を食すことの方が、問題なのでは?
と思うのです。

監督であるルイ・シホヨス監督のコメントには、
「私にとって本当の受賞は、イルカ漁が止められ
すべてのイルカが解放され、この入り江が
地球で最大の頭脳を持つ生き物の屠殺場から
国立公園に戻る日だと思っています。」とありましたが、

監督の考え方によれば、知能が低くければOKで、
鯨やイルカは知能が高いからNGなのでしょうか?

確かに、その種が乱獲により絶滅の恐れがある場合なら、
規制すのも解ります。
しかし、知能が高い、低い、というのも人間が作った物差しであり、
「可愛い動物だからかわいそう!」
「気持ち悪い動物だから、殺してもいい」なんて、
感覚に近いのではないか?と思います。

人間に嫌われ、食べもしないのに、姿を見るだけで殺される、
ハエやゴキブリなどの虫達だって、この世に生を受け、一生懸命に生きてます。
また植物も生きています。

「虫は、時に衛生的にも人間に悪影響を及ぼすから!」
と言うのであれば、イルカだって漁師の皆さんにとっては、網を破ったり、
漁の邪魔になる事もあります。

人間も動物も、生きてゆくために、植物も含めた生き物を食べます。
必要も無く動物を傷つける虐待は、平阪も反対ですが、
今回のように、限られた動物を、特別扱いするのは、
江戸時代の「お犬様」のようで、どうしても理解できません!

そういえば、米屋の息子の平阪は、幼い頃、
米を食べるネズミを退治させるために飼ってたネコが、
ネズミを捕まえるだびに、ネズミがかわいそになり、逃がしました。
今思えば、米屋を営む父にとっては、最悪な息子だったかも?(^^;)
それに近い感覚なのかも知れませんね!

日本を含めた先進国の人々が、感じなければならない事は、、
生き物の知能や感覚で、OKやNGを決めるのではでなく、
「人は、みんな、他の生物の命をいただいて生きてる」
ってことを自覚すると共に、生き物に感謝し、
命で作られる食物を、無駄にしない事ではないか?と思う平阪です。

そんな気持ちもあり、
今各国の主観的な考えで、時に敵視されてしまいがちな太地町を、
援護したいと思います。

平阪の考え方を、一方的に書きましたが、皆さんは、どう感じてますか?
下記のウインズ公式サイト掲示板では、皆さんの書き込みに平阪が答えています。
いろんなご意見お待ちしています。

ウインズ公式サイト(PC用)
ウインズ携帯サイト(携帯用)  


Posted by ウインズ平阪 at 14:08ウインズ平阪

2010年03月09日

今日は事務仕事です。

月始めなので、今日は2月分の請求書を送ったり、
支払いの振込みをしてますぅ~!(^^;)

さて、この写真は、何処のLIVEでしょうか?

ウインズ公式サイト(PC用)
ウインズ携帯サイト(携帯用)  


Posted by ウインズ平阪 at 12:07ウインズ平阪