2010年08月11日

和歌山県民の弱点!

8月9日草津温泉の帰り道、
中山道に残る、江戸時代の宿場町、奈良井宿を見学しました。


噂には聞いていたのですが、実際に見ると、想像以上!
このあたりで終わりかな?と思いきや、続くわ!続くわ!

まるで過去にタイムスリップしたような宿場町が、1キロにわたって続いていました。

民宿、おみやげ物屋さん、喫茶、飲食店、酒屋さん、スーパー、そして民家、などなど、
内容は、ばらばらなのですが、建物はすべて町並みに合わせ、一体感があります!

訪れたのは平日の17時、お店はすでに閉まってるにもかかわらず、かなりの観光客でした。


維持、そしてここまで整備するには、沢山の方の力と団結力、そして多大な努力が必要だった事でしょう!
敬意を表したいと思います。

我が和歌山県にも、素晴らしい町並みは沢山あり、
それぞれに文化、歴史、そして魅力を持ち備えています。

しかしその個性を生かし、町並みを一つの方向に作り上げられないのは、
個々に力があるが故に、それが逆に作用し、時に地元同士争ってしまい、
一致団結できないこと、
また他府県にあこがれ、和歌山県に誇りと興味を持つ人が少ないからかな?(涙)

この弱点さえ克服できれば、和歌山県は凄いのになぁ~!
なんて思う平阪でありました。(^^)/

次は、この後に見学した妻籠宿です。

ウインズ公式サイト(PC用)
ウインズ携帯サイト(携帯用))  


Posted by ウインズ平阪 at 12:07ウインズ平阪